借金も相続対象になる?

一人で抱えない相続問題

借金も相続対象になる?

遺産相続問題の中でもやっかいな部類に入るのが借金で、これは実際に相続してから発覚することもあります。
遺産相続といえば一般的に財産を引き継ぐのでプラスになるイメージがありますが、実際にはプラスになる財産だけでなくマイナスになる財産も引き継ぐので必ずプラスになるわけではありません。

たとえば被相続人が生前借金を抱えており、それが財産の総額を超えている場合相続したら借金もそのまま引き継ぐので返済義務が生じます。
万が一その額が大きく、返済が難しいとなると最終的に債務整理をしなければならない結果になることもあります。
したがって遺産相続をするときには引き継ぐことでメリットがあるのか?という点を必ず確認しておかなければなりません。

いくら家族の財産とは言えそんなことを調べるのは少し気が引けるという人もいるかもしれませんが、亡くなった後いろいろと苦労するよりはそのほうが良いでしょう。
中には借金のことを黙ったまま亡くなってしまい、後で借金があったことが分かるケースもあるので、相続する前にどんな財産が残されているのか調べるのは当然なのです。
そして問題ないと分かった時点で遺言書や相続の権利に則って分けていけばスムーズな遺産相続ができるのではないでしょうか?

もし詳しいことがわからないのであれば、弁護士など法律専門家に相談すると何をチェックすればいいのか問題もクリアになっていきます。
最近では無料法律相談会を地域の催しで開催しているところもあるので、あらかじめそういったところで遺産相続について学んでおくのもいいかもしれません。