相続を放棄したい

一人で抱えない相続問題

相続を放棄したい

遺産に関する問題が発生したときにそれを放棄することはできるのでしょうか?
答えはイエスで、相続を放棄したいというケースは実はけっこうあります。
そこでここではどんな場合に相続の放棄が有効なのかお話していきますので、参考にしてください。

はじめに遺産相続とは被相続人が所有する財産を引き継ぐことで、この権利はあらかじめ順番が決められています。
遺言によってある程度変わることはあるにせよ、妻→子→父母→その他の親族という順番でもらえる財産が多くなるのが一般的でしょう。
したがって妻はたくさんの財産を相続することができますから、多額の財産が残されていればそれは大きなメリットになります。

しかし万が一多額の借金が残されていた場合、それも引き継ぐ結果になるので大きな負担が伸し掛かることになります。
遺産相続はプラスになる財産だけ引き継ぎ、マイナスになる財産を放棄するということはできませんので、もしマイナスになるのであれば相続自体を放棄するほうがいいのです。
相続放棄は一切の相続を引き継がない意思表示になりますので、借金があってマイナスになる場合や遺産そのものがいらない、また相続トラブルに巻き込まれたくないなら有効な手段です。

この手続きは裁判所でしかできませんので、個人でやるよりも弁護士など法律専門家の手を借りて進めていくのが一般的です。
自分だけでやることも可能ですが、もしそうする場合最寄りの市町村窓口で相談しながらやることをおすすめします。
またインターネットで調べるといろいろと情報が出てくるので有効に活用してください。