相続の専門家

一人で抱えない相続問題

相続の専門家

遺産を相続する際に自分たちだけでいろいろ決めてしまうのはトラブルのもとになります。
遺産相続にはそれぞれの場面において専門家がいますので、間違った判断をしないためにもいつ誰に相談すればいいのか把握しておいたほうがいいでしょう。
そこでここでは遺産相続の専門家の種類を紹介したいと思いますので頭に入れておいてください。

はじめに相続全般に関することは「税理士」がもっとも詳しい存在で、「相続税の計算」「相続税の申告」「相続財産の価格評価」「相続税の節税対策」「生前贈与」「遺言書」などを専門としています。
したがってこれから相続について考えるのであればまずは税理士に相談するのが一番でしょう。

次にトラブルが起こってしまったときには「弁護士」が詳しく、「遺産分割協議」においては専門分野にあたるのでもしこの点で揉めたなら弁護士に間に入ってもらってください。

そして財産の中に不動産がある場合、それを相続するためには名義を自分のものに変更しなければなりませんが、そのときに「相続登記」をする必要があります。
この相続登記をするときに便利なのが司法書士で、ほかにも相続を放棄する際にも司法書士が詳しいです。

最後に誰に相続する権利があるのかを調べる「戸籍収集」をするときには行政書士が専門家になりますので、その際には相談してください。

このように各分野に専門家が存在するので、場面に応じて話をしてほしいと思います。
事務所などの情報はインターネットで検索すれば出てきますし、最近ではホームページを持っているところも多いのでチェックしておきましょう。